AX

QLOOKアクセス解析

10月 24

iOS5新アプリのリマインダーが便利すぎるので今さら紹介。
備忘録&ToDo事項はこのアプリにもれなく書き込んでゆく。
普通だと単なるメモ帳代わりにしかならないが、もはやクラウド時代は違うのだ。

 

iCloudにより、PCやiPadなど他の端末と常に同期しているので、このようなPCのiCalにもリアルタイムで書き換えられる。要するに、どれか一つの端末で書き換えたら、他のものも常に同じ情報を共有できる。

 

とまぁ、実はここまでだったら大して驚きもしないのだけど、まだまだ止まらない。 記入時に「日時」をセットしておくと、その時間に全ての端末上にウインドウが出て「○○の時間ですよ〜」とお知らせしてくれるのである。

とまぁ、ここまででも大して驚きもしないのだけど、何といっても驚いたのは次の機能。 iPhoneの特権はと言えばGPS機能である。これがこのリマインダーと合わさるとどうなるかというのは、、、、、ご想像通りで。その名も「ロケーションリマインダー」。

また他の機能としては、リマインダーを他の人と共有、などなど。
これだけ何重にもなると、「あ!わすれた!」というのは最小限になるでしょう。もちろん、ここに書き忘れたら同じですけども。。。

今までも、いろいろなソフトを駆使すればこのくらいのことはできたのではないかと思いますが、これが標準装備となって誰でも簡単に使える環境になったことが嬉しい。

あとは、時間になってもついうっかり、、、の代表格言えば、目覚ましである。ピタッと目が覚める何かを備えたリマインダーというのがあったら嬉しい。多少人体刺激的な何かでもOK。

 

とうとう、、、いよいよ手帳は手書きでなくてもよいのでは?と思える時が来たようです。 以前は「書いた感」がどうのとか言っていましたが、この便利さには到底及ばない。もちろんGoogleカレンダーの同期は前提で。

 「書いた感」がなくなるとどう変わるのか?オールデジタル化を反対する前に自ら被験者になってみようと思います。

 


by manabujp | 2011-10-24 22:02 | リマインダー@iOS5 はコメントを受け付けていません。