AX

10月 17

現状でのiPhone@auの軽い落とし穴として、端末依存メール(@ezweb.ne.jp)は、いわゆる普通の携帯メールのようにリアルタイム受信でなく、iPhone内のメール設定にある間隔(最短間隔15分)で問い合わせするということで、焦った方も多いと思う(つまりフェッチ受信)。

iMessageしかり、今回はいろいろと、未整備のまま慌てて発売しちゃった感が強いのですが(笑)、自分の場合は、ezwebのみでの連絡は今や2〜3人しかいないのでどうでもよいって言えばよい(どうせ飲みの連絡とかだし。大泉洋のラジオ風に表現するなら、「僕は、全く、ひとっつも気になりませんけども」(笑))。でも逆に「緊急時」だからこそ、リアルタイムゆえにわざわざ携帯メールで送られる場合もあるので、何かに支障が出そうだと思って対策することに。

回避方法はすでに何通りか出回っておりまして、まとめるとだいたい以下の3つのようです。

1.SMS転送(いわゆるCメール)でプッシュ
2.Gmail転送(@gmail.com)でプッシュ
3.iCloud転送(@me.com)でプッシュ

要するに、ezwebに届いたメールを上のどれかに転送して、リアルタイムに通知を受けるっていうことです。 どれも簡単に設定できますが、僕はiCloudを選択(SMSはなんだかパケットとか関わってきそうですし。Gmailメインの方はGmail転送でも便利かと思います)。

 <iCloudへ転送方法>

1)メッセージAppで「#5000」宛に「1234」と送る。
2)届いたURLヘアクセス。
(ここまでは初回ezweb登録時と同じです)
3)自動転送でiCloudアドレス(XXX@me.com)を入力。
4)設定>メール>データの取得方法>プッシュ>オンに変更
5)上の写真のように、iCloudメールが「プッシュ」になってるか確認。

以上で普通の携帯メール(ezweb)はiCloudに転送され、今まで通りリアルタイムで通知が受けられます。また、返信するときの注意点は、iCloud上でやってしまうとこちらのアドレスがme.comで行ってしまうので、ezweb上で返信すれば相手も混乱しないでしょう(iCloud上でも送信元アドレスをezwebに変更すればいけますが面倒なので)。

 

追伸: 
ところで、iPhoneのバッテリー消耗がハンパない。それはもうMacbookAir並に。Touchと違いすぎてびっくり。今まで、携帯なんて3日に1回充電すればいいと思ってきたが、これは完全にエネループ必携ですね。
3Gの常時受信は仕方がないとして、各種SNSプッシュが多すぎるのと、その他もろもろの仕事が裏で行われているのかと思われます。まぁ、普通に今までと同じ「携帯」として使えば楽勝なんでしょうけど、そうはいかないですよね(笑)。

 

 


by manabujp | 2011-10-17 16:23 | ezwebメールをリアルタイム受信するTips はコメントを受け付けていません。